コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴代宝案 れきだいほうあん

大辞林 第三版の解説

れきだいほうあん【歴代宝案】

琉球王国の外交文書集。明・清二代の対中国関係文書が大半を占め、他は東南アジア関係。1424年から1867年に至る443年間に及び、史料的価値は高い。大半が失われ、台湾大学所蔵本などいくつかの写本が残るのみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

歴代宝案【れきだいほうあん】

琉球王国の外交に関する文書を集めた記録。1697年以降数次にわたり首里王府(しゅりおうふ)によって編纂された。現存するのは一集43巻・二集200巻・三集13巻・咨集1巻・別集2巻の計259巻。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れきだいほうあん【歴代宝案】

琉球王国の外交文書を集めたもの。第1~3集,約250冊からなる膨大な記録。1424年(尚巴志王代)から1867年(尚泰王代)まで440年余に及ぶ文書が含まれ,全文漢文で記されている。17世紀末から18世紀初期,前後3回にわたって首里王府の手で編集された。内容は対中国関係(明・清2代)のものが大半を占めるが,中世(古琉球)のものには朝鮮をはじめ,シャムマラッカ,ジャワ,スマトラアンナンなど東南アジア諸国関係のものもあり,琉球王国の対外交流の範囲とその内容を知ることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歴代宝案
れきだいほうあん

琉球(りゅうきゅう)王国の外交文書および文案を集成したもの。すべて漢文で表記されており、もともとは3集262巻、別集3よりなっていたが、その一部は現存しない。1424年(応永31)から1867年(慶応3)に及ぶ440年余の文書を含む。中国(明(みん)・清(しん))関係のものが大部分を占めるが、朝鮮をはじめ暹羅(シャム)、満剌加(マラツカ)、爪哇(ジヤワ)、安南(アンナン)など東南アジア諸国関係のものも含まれている。長く久米村(くめむら)に秘蔵されていたが、1933年(昭和8)から研究者の目に触れるようになり、研究が開始された。しかし、沖縄戦で原本は散逸、現在は台湾大学の筆写本ほか数種の写本が残っているにすぎない。外交文書形式の宝庫であると同時に、琉球王国の対外関係、対外貿易を知るうえでの一級史料である。[高良倉吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歴代宝案の関連キーワード東恩納 寛惇久場 政盛小葉田 淳牧志朝忠琉球貿易久場政盛懐機写本蔡鐸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android