蔵原惟繕(読み)くらはら これよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「蔵原惟繕」の解説

蔵原惟繕 くらはら-これよし

1927-2002 昭和後期-平成時代の映画監督
昭和2年5月31日ボルネオ島クチン(現マレーシア)生まれ。蔵原惟人(おい)。松竹をへて昭和29年日活にうつり,32年石原裕次郎主演の「俺は待ってるぜ」で監督デビュー。「風速40米(メートル)」などの日活アクション映画をとる。42年フリーとなり,53年に「キタキツネ物語」,58年には「南極物語」がヒットした。平成14年12月28日死去。75歳。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「蔵原惟繕」の解説

くらはら‐これよし【蔵原惟繕】

[1927~2002]映画監督。旧サラワク王国(現マレーシア)の生まれ。石原裕次郎主演「は待ってるぜ」で監督デビュー。昭和基地に残された2頭の実話に基づいて映画化した「南極物語」は空前の大ヒット作となった。他に「銀座の恋の物語」「執炎」「青春の門」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android