毛坊主(読み)けぼうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛坊主
けぼうず

髪を剃らず,妻帯して,普段は農業などをしながら葬儀,追善会 (法要) などで僧侶の役をつとめた者。主として浄土真宗の盛んな農村地帯にあったもので,石川,富山,福井,岐阜の諸県に最も多く,滋賀,京都,奈良,広島の諸府県にもみられた。真宗は古くから民間布教のための試みを種々行なっているが,村々に道場と称する布教の根拠地を設け,農民でありながら僧侶を兼ねる者を多く養成した。蓮如や親鸞らも,形にとらわれることなく,念仏を称える者はすべて救いを受けることができると説いたため,毛坊主の普及とともに真宗は村々に浸透していった。明治5 (1872) 年,道場廃止令によって道場は廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

毛坊主【けぼうず】

中世末〜近世に農業など世俗の仕事にたずさわり,得度剃髪(ていはつ)せず葬式など僧の役目をし,世襲的に半僧半俗の生活をしていた者。主に浄土系宗派に属した。明治に入り禁止された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けぼうず【毛坊主】

俗人のままで葬儀その他の仏事法務をつかさどるもので,主として真宗(一向宗)に属していた。在家主義を基調とする真宗では,本来は僧俗の区別がなく,同信者は互いに同行,同朋と呼びかわし,その集会所たる道場を中心に信仰を温めあうのをたてまえとしていたが,年代が経つにつれ同行の中から法務を職業とする僧侶があらわれ,道場もしだいに寺院化していった。しかし,江戸時代初期にはなお道場の形態を保持し,農業に従事しながら近在の法務をとりしきるものも広範囲に存在していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けぼうず【毛坊主】

有髪で、普段は農作などにたずさわり、葬式・講などの法事の際に僧の役を務めた半僧半俗の者。一向宗(浄土真宗)に属した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛坊主
けぼうず

剃髪(ていはつ)して生涯独身を通すのが僧侶(そうりょ)の通例と考えられた時代での、半僧半俗の有髪(うはつ)の人たちをいう。中世から近世にかけて、主として北陸から近畿にわたる地帯の、浄土真宗の農村に多かった。当時は寺院をもたない村も多かったが、これらの地帯では村ごとに道場をもち、寺院の出張所と集会所のような役目を果たしていた。たいてい自宅を道場として、日常は農業を営み、わずかな田畑を耕作していた。それでも、家の入口などに小さな釣鐘をかけ、村内に死者があると、導師となって正規の僧侶と同じような役割を果たし、年忌などがあると出かけて行ってお経を唱えた。当時としては学問があって、長百姓(おさびゃくしょう)や庄屋(しょうや)の次・三男が毛坊主になったのであろう。そのほか、定職をもたない人や寺男なども、経文を覚えて道場に住み着くことがあった。1872年(明治5)の道場廃止令によって、寺院に昇格したものもあり、一般の農家になったものもある。北陸地方ではいまも道場は存続しており、他の地方でも地名に残るものが多い。毛坊主は下級の僧侶とみられてきたが、寺をもたない小集落において、道場の制度とともに浄土真宗の民間布教に果たした役割は大きい。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android