コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩ガラス さつまガラス

3件 の用語解説(薩摩ガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩ガラス
さつまガラス

弘化3 (1846) ~文久3 (63) 年,薩摩藩のガラス窯で製作された板ガラス理化学ガラス,船舶用ガラス,ガラス食器。最初は中村町の製薬館の近くに薬用のガラス器を製作するため,藩主島津斉興が江戸からガラス工の四本 (しもと) 亀次郎を招いて築窯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さつま‐ガラス【×薩摩ガラス】

江戸末期に薩摩藩で製作されたガラス。紅ビードロとよばれる色ガラスや、カットして模様を表す薩摩切り子などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さつまガラス【薩摩ガラス】

江戸末期、薩摩藩が西洋のガラス製法を導入して作ったガラス。吹きガラスで、色ガラス(紅ビードロ)・切り子なども作られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩摩ガラスの関連キーワード西大路隆明井関英太郎岩永梅石喜遊竹志田熊雄難波金助堀弥四郎堀之美松平信書沢村源之助

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone