薩摩ガラス(読み)さつまガラス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩ガラス
さつまガラス

弘化3(1846)~文久3(1863)年,薩摩藩のガラス窯で製作された板ガラス,理化学ガラス,船舶用ガラス,ガラス食器。最初は中村町の製薬館の近くに薬用のガラス器を製作するため,藩主島津斉興が江戸からガラス工の四本亀次郎(しもとかめじろう)を招いて築窯。その後磯(現在,仙巌園〈磯庭園〉)の集成館内に移し,洋式の技術を導入して大規模に製造したが,薩英戦争によって文久3年に炎上し廃絶。透明のクリスタルガラスに,斜格子や亀甲文などのカットを施したカットガラス薩摩切子)の皿,鉢,瓶,杯などを生産した。無地のガラス素地の上に紅,藍色の色ガラスをかぶせたかぶせガラスに,カットを施した色被せ(いろきせ)カットガラスに特色があり,紅色のものは「薩摩の紅ビードロ」として珍重された。素材はすべて鉛ガラスで,カットの意匠にはイギリスの影響がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さつま‐ガラス【×薩摩ガラス】

江戸末期に薩摩藩で製作されたガラス。紅ビードロとよばれる色ガラスや、カットして模様を表す薩摩切り子などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さつまガラス【薩摩ガラス】

江戸末期、薩摩藩が西洋のガラス製法を導入して作ったガラス。吹きガラスで、色ガラス(紅ビードロ)・切り子なども作られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android