コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩ガラス さつまガラス

3件 の用語解説(薩摩ガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩ガラス
さつまガラス

弘化3 (1846) ~文久3 (63) 年,薩摩藩のガラス窯で製作された板ガラス理化学ガラス,船舶用ガラス,ガラス食器。最初は中村町の製薬館の近くに薬用のガラス器を製作するため,藩主島津斉興が江戸からガラス工の四本 (しもと) 亀次郎を招いて築窯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さつまガラス【薩摩ガラス】

江戸末期、薩摩藩が西洋のガラス製法を導入して作ったガラス。吹きガラスで、色ガラス(紅ビードロ)・切り子なども作られた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

薩摩ガラスの関連キーワードヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇海王星浦上春琴オイケン海王星和宮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone