コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙巌園(読み)センガンエン

デジタル大辞泉の解説

せんがん‐えん〔‐ヱン〕【仙巌園】

鹿児島県鹿児島市にある日本庭園。薩摩藩主島津氏の庭園として、万治元年(1658)築庭。面積は約5万平方メートル。磯庭園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仙巌園の言及

【鹿児島[市]】より

…史跡が多く,西南戦争の戦場となった城山周辺には石垣と堀だけ残る鶴丸城跡,1874年開校された私学校跡,西郷隆盛のこもった洞窟,その終焉(しゆうえん)の地などがある。市内北部には,島津家の別邸である仙巌園(磯公園),異人館(旧鹿児島紡績所技師館)などがある。市街地には昭和初めに発見された温泉がその後のボーリングによって数多く湧出し,旅館の内湯,共同浴場,ジャングル浴場などに利用されている。…

※「仙巌園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仙巌園の関連情報