コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井斉 ふじい ひとし

2件 の用語解説(藤井斉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井斉 ふじい-ひとし

1904-1932 昭和時代前期の軍人,国家主義者。
明治37年8月3日生まれ。大川周明,西田税(みつぐ)らとかかわり,昭和3年急進的な海軍士官を組織して国家改造をめざす王師会を結成。また井上日召に共鳴し,ロンドン軍縮条約に反対した。6年海軍大尉。7年上海事変に従軍し,2月5日偵察飛行中に戦死,少佐進級。29歳。佐賀県出身。海軍兵学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじいひとし【藤井斉】

1904‐32(明治37‐昭和7)
海軍将校。国家改造運動の指導者。佐賀県出身。海軍兵学校卒業。兵学校在学中から安岡正篤らの大学寮や西田税(みつぎ)らの天剣党に出入りし,1928年には海軍青年士官を集めて王師会を結成するなど早くから海軍青年将校運動の中心人物であった。30年井上日召を知り深く共鳴した。ロンドン軍縮条約に反対し,このころから国家改造を図るべく武力蜂起を計画した。井上と陸軍青年将校一派をさそって加わった十月事件が未遂に終わると,要人暗殺の決行を企てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の藤井斉の言及

【井上日召】より

…1924年ごろから社会改革を行う決意を固め,28年茨城県に設立した立正護国堂で小沼正,菱沼五郎ら近村青年を指導した。30年には霞ヶ浦海軍飛行学校の藤井斉ら海軍青年将校と提携して非合法運動に路線転換する一方,陸軍青年将校の一派とも結んだ。十月事件計画に加わったが,これが露呈した後は藤井らと独自に軍部のクーデタを誘発する目的で要人暗殺を計画した。…

【血盟団事件】より

…この血盟団の首謀者井上日召は,1920年代後半,支配階級の腐敗,農村の窮乏,社会主義思想の影響の広がりに危機感を抱き,1928年以後,茨城県磯浜(現,大洗町)の立正護国堂にこもり,〈国家改造〉への決意を固め,付近の小学校教員,農村青年を同志に獲得。30年,藤井斉らの海軍急進派将校と提携するとともに,東京帝大生ら大学生にも影響を広げ,31年,十月事件に関与。十月事件後,陸軍側が直接行動から手をひくや,井上,藤井らはみずからだけの決起を決定。…

【五・一五事件】より

…1931年十月事件が不発に終わったのち,橋本欣五郎中佐ら幕僚将校は地方や外国に転勤させられ,幕僚将校に反感をもった隊付青年将校らは,荒木貞夫陸相のもとで国家改造が実現できるものと期待し,直接行動から離れていった。これに対して井上日召一派と藤井斉中尉ら海軍急進派青年将校は国家改造のための決起に固執し,はじめは32年2月11日の紀元節を期して政財界の要人を暗殺することを計画した。しかし上海事変が発生し藤井らが出征したため,まず井上一派が第1陣として〈一人一殺〉の要人暗殺を引き受け,血盟団事件をおこした。…

※「藤井斉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤井斉の関連キーワード徳川達成山本英輔海軍大学校源田実青木益次浅羽金三郎島村三七雄但馬惟孝林三子雄原口鶴次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤井斉の関連情報