コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井静一 ふじい せいいち

1件 の用語解説(藤井静一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井静一 ふじい-せいいち

1871*-1952 明治-昭和時代の社会事業家。
明治3年11月23日生まれ。二宮尊徳報徳思想にもとづき,明治35年郷里の岡山県馬屋上(まやがみ)村(岡山市)に安部倉懺悔(ざんげ)会,翌年安部倉融通講を組織して地域の相互扶助,生活改善を推進。大正元年安部倉共同救護社を発足させて殖産興業と貧困の追放につとめた。昭和27年5月2日死去。81歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤井静一の関連キーワード新井高四郎キノルド竹本大隅太夫(4代)武和三郎野村嘉六菱刈隆福垣真応牧野虎次本山白雲山本留次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone