コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤八五文薬 トウハチゴモングスリ

デジタル大辞泉の解説

とうはち‐ごもんぐすり【藤八五文薬】

文化・文政(1804~1830)のころ、江戸ではやった行商薬売り。また、その薬。二人一組で歩き、一人が「藤八」と呼ぶと、他の一人が「五文」と応じて、ともに「奇妙」と合唱した。長崎の綿屋藤八が始めた薬で、1粒5文であったことからの名。藤八薬。藤八五文。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

藤八五文薬の関連キーワード藤八拳

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android