コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原俊憲 ふじわらの としのり

3件 の用語解説(藤原俊憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原俊憲 ふじわらの-としのり

1122-1167 平安時代後期の公卿(くぎょう),漢学者。
保安(ほうあん)3年生まれ。藤原通憲の長男。久寿2年守仁親王(のち二条天皇)の東宮(とうぐう)学士となる。蔵人頭(くろうどのとう)などをへて,平治元年(1159)参議。平治の乱に連座し,越後(えちご)に流されて出家。2年ゆるされて京都にもどった。仁安(にんあん)2年4月10日死去。46歳。法名は真寂。著作に「貫首(かんじゅ)秘抄」「新任弁官抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原俊憲

没年:仁安2.4.10(1167.4.30)
生年:保安3(1122)
平安末期の公卿。藤原通憲(信西)と高階重仲の娘の子。はじめ文章博士藤原顕業の養子となり,儒官の道に進み,後白河天皇践祚に伴って東宮学士となった。保元の乱後は父信西による政策推進を助け,保元2(1157)年五位蔵人に補せられ,左少弁,左衛門権佐,東宮学士を兼帯。さらに翌年の二条天皇践祚により後白河院政が開始されると,院の別当となる一方蔵人頭に補せられ,二条朝廷と後白河院庁とをつなぐパイプ役となった。平治1(1159)年参議に上り,従三位近江権守となるも,同年,平治の乱に遭って解官配流を宣せられ,出家。宰相入道と呼ばれたが,その後目立った事跡はない。有能,実直な官吏であり,特に文章に優れていたことで有名。『新任弁官抄』『貫首秘抄』等の公事に関する有為な著作を残している。

(木村真美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのとしのり【藤原俊憲】

1122‐67(保安3‐仁安2)
平安末期の廷臣。少納言入道通憲(信西)の長男。父通憲は出家前高階氏を称したが,俊憲は文章博士藤原顕業の養子となり,19歳で勧学院学問料を賜り,23歳で対策(方略試)に及第し,守仁親王(二条天皇)の立太子後,東宮学士に任ぜられた。父譲りの秀才である。ついで保元の乱後,右少弁,左少弁,右中弁等を歴任する一方,蔵人,蔵人頭を兼帯し,父信西入道の手足となって宮中・府中に活躍し,1159年(平治1)参議に昇ったが,同年末の平治の乱に際し解官配流に処されたのを機会に出家した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原俊憲の関連キーワード信西藤原通俊藤原通憲平治の乱藤原実定静賢高階重仲高階経敏藤原成範藤原基範

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone