コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原公重 ふじわらの きんしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原公重 ふじわらの-きんしげ

1118-1178 平安時代後期の官吏,歌人。
元永元年生まれ。西園寺通季(みちすえ)の次男。徳大寺実能(さねよし)の養子。紀伊守,侍従,右近衛(うこんえの)少将などをつとめた。藤原清輔家歌合などに参加し,治承(じしょう)三十六人歌合にえらばれた。歌は「詞花和歌集」などの勅撰集に6首あるほか,家集に「風情(ふぜい)集」がある。治承2年9月死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原公重の関連キーワード功子内親王

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android