コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原兼房(1) ふじわらの かねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原兼房(1) ふじわらの-かねふさ

1001-1069 平安時代中期の官吏,歌人。
長保3年生まれ。藤原兼隆の長男。母は源扶義(すけよし)の娘。播磨(はりま),讃岐(さぬき)などの国守を歴任。中宮亮(ちゅうぐうのすけ),正四位下にいたる。柿本人麻呂をしたい,夢にみたその像を絵師にえがかせたという。「後拾遺和歌集」以下の勅撰集に16首がはいる。延久元年6月4日死去。69歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原兼房(1)の関連キーワード延久イシュトワーン1世(聖王)コンピュータにおける数値の表現記録所聖徳太子像新古書店総合計画町田リス園延久記録荘園券契所

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone