コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原冬緒(読み)ふじわらの ふゆお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原冬緒 ふじわらの-ふゆお

808-890 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
大同(だいどう)3年生まれ。京家藤原浜成の孫。貞観(じょうがん)11年(869)参議となり,大宰大弐,民部卿などを歴任。大納言,正三位にいたる。民政に通じた能吏で,財政対策として官田の設置(元慶(がんぎょう)官田)を提議した。寛平(かんぴょう)2年5月23日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原冬緒

没年:寛平2.5.23(890.6.14)
生年大同2(807)
平安前期の公卿。豊彦(豊伴とも)と大伴永主の娘の子。大宰大弐,民部卿などを歴任,その有能ぶりは「吏幹」と称され,上奏した意見はことごとく採用されたという。貞観年間(859~877)新羅の来襲が問題化したとき,大宰府管内に烽燧(敵の来襲を知らせる通信設備)を設置して訓練することなどを提言,元慶3(879)年には,国家(中央)財政危機の打開策として畿内5カ国に4000町歩もの広大な官田の設定(元慶官田)を提案した。その収穫稲の保管用倉庫が必要となり,そのため平安京の平面構成が藤原京型から北闕型へ手直しされることとなった。露蜂房や槐子を服用し,80歳をすぎても元気で白髪一本なかったという。

(瀧浪貞子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのふゆお【藤原冬緒】

807‐890(大同2‐寛平2)
平安前期の官人。藤原京家の出身で豊伴の子。母は大伴永主の娘。843年(承和10)勘解由判官となり,式部大丞,蔵人,春宮少進,右少弁などを経て,850年(嘉祥3)惟仁親王が立太子するに及んで春宮亮,次侍従となり,ついで右中弁となった。良官能吏の名声が高かったらしい。866年(貞観8)新羅侵寇問題がおこると大宰大弐として対策を講じ,879年(元慶3)には民部卿として畿内での班田の実施と官田の設置を提言するなど,積極的な対策を示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android