藤原正家(読み)ふじわらの まさいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原正家 ふじわらの-まさいえ

1026-1111 平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。
万寿3年生まれ。藤原家経の子。文章博士(もんじょうはかせ),右大弁,式部大輔(たいふ)を歴任。正四位下にいたる。博士として大江匡房(まさふさ)とならび称され,堀河天皇侍読もつとめた。詩文は「本朝続文粋(もんずい)」などに,和歌は勅撰集に3首がはいっている。天永2年10月12日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android