コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為頼 ふじわらの ためより

1件 の用語解説(藤原為頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原為頼 ふじわらの-ためより

?-998 平安時代中期の官吏,歌人。
紫式部の伯父。長徳2年太皇太后宮(たいこうたいごうぐう)(昌子(しょうし)内親王)の大進となる。貞元(じょうげん)2年(977)の三条左大臣家歌合や後十五番歌合に参加。歌は「拾遺和歌集」などの勅撰集にあるほか,家集「為頼集」がある。長徳4年死去。
【格言など】世の中にあらましかばと思ふ人なきが多くもなりにけるかな(「拾遺和歌集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原為頼の関連キーワード高階成忠ガズナ朝カナダベナン御堂関白記寛朝康尚平惟仲平維衡平生昌

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone