コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原田麻呂 ふじわらの たまろ

3件 の用語解説(藤原田麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原田麻呂 ふじわらの-たまろ

722-783 奈良時代の公卿(くぎょう)。
養老6年生まれ。式家藤原宇合(うまかい)の5男。母は小治田牛養(おはりだの-うしかい)の娘。兄藤原広嗣(ひろつぐ)の乱に連座し,天平(てんぴょう)12年(740)隠岐(おき)に配流。2年後ゆるされ,大和蜷淵(になふち)山で仏道を修行。天平神護(てんぴょうじんご)2年(766)参議。右大臣にすすんで近衛(このえ)大将,東宮傅(ふ)をかね,正二位にいたる。延暦(えんりゃく)2年3月19日死去。62歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原田麻呂

没年:延暦2.3.19(783.4.25)
生年:養老6(722)
奈良時代の貴族。藤原宇合と小治田牛養の娘の子。宇合の第5子。太満侶とも書く。天平12(740)年,兄藤原広嗣の乱に連座して隠岐(島根県)に配流,2年後に召還されてからは大和国蜷淵山(奈良県明日香村稲淵)に隠棲して仏道に専念したという。天平宝字5(761)年,従五位下。翌年には遣唐副使に任じられたが,船の故障で唐に渡らなかった。天平神護2(766)年参議。以後,中務卿,中衛大将,近衛大将などを歴て,天応2(782)年右大臣に昇った。右大臣従二位兼近衛大将皇太子傅で死去。物に競うことなしと評される温厚な人物であったらしい。

(増渕徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのたまろ【藤原田麻呂】

722‐783(養老6‐延暦2)
奈良後期の官人。式家藤原宇合(うまかい)の第5子で,広嗣,良継の弟。母は小治田牛養(おはりだのうしかい)の娘。性格は恭謙で,人と物を競うことはなかったという。740年(天平12)に兄藤原広嗣の乱に連座して隠岐に流罪となり,2年後にゆるされて帰還したが,政治にかかわることなく,山中に修行をしたという。761年(天平宝字5)従五位下となり,造保良宮使としてその造営に携わり,翌年には遣唐副使となったが,船の故障などにより渡唐しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原田麻呂の関連キーワード岡田牛養小治田東麻呂小治田広耳小治田諸人小治田安麻呂藤原清成藤原蔵下麻呂藤原末茂藤原鷹取藤原綱手

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone