コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原雄 ふじわら ゆう

2件 の用語解説(藤原雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤原雄

陶芸家。陶芸家藤原啓の長男。昭和7年(1932)岡山県生。明治大学日本文学科卒業後、1年余り雑誌編集の仕事に携わった後、帰郷し父のもとで備前焼の作陶生活にはいる。日本陶磁協会賞・金重陶陽賞・バルセロナ国際陶芸展金賞受賞他、内外で活躍。日本工芸会理事。人間国宝

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原雄 ふじわら-ゆう

1932-2001 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和7年6月10日生まれ。父啓(けい)のもとで備前焼を修業。世界各地で作陶や個展をつづけ,伝統に近代的な感覚をとりいれた作品で知られる。平成8年備前焼で人間国宝。倉敷芸術科学大教授。平成13年10月29日死去。69歳。岡山県出身。明大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原雄の関連キーワード江口週小野木朝子木戸蓊佐野ぬい二宮宏之野崎貢服部ケイ百瀬宏山田信夫(2)脇村春夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原雄の関連情報