コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本英雄 フジモトヒデオ

デジタル大辞泉の解説

ふじもと‐ひでお〔ふぢもとひでを〕【藤本英雄】

中上英雄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本英雄 ふじもと-ひでお

1918-1997 昭和時代のプロ野球選手。
大正7年5月10日朝鮮釜山生まれ。下関商業,明大をへて,昭和17年巨人に入団。18年34勝11敗で最多勝と防御率1位。19,21年には監督を兼務。22年中日をへて,23年巨人に復帰。スライダーをおぼえ,25年の対西日本戦で日本プロ野球初の完全試合を達成。実働13年,通算200勝87敗,防御率1.90。51年野球殿堂入り。平成9年4月26日死去。78歳。本名は中上英雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤本英雄
ふじもとひでお
(1918―1997)

プロ野球選手(投手:右投右打)、監督。5月10日、韓国釜山(ふざん/プサン)生まれ。下関商から明治大学に進み、通算34勝9敗の成績でエースとして活躍、2回の優勝をチームにもたらした。1942年(昭和17)途中から東京巨人(現、読売ジャイアンツ)に入団すると、シーズン終了までに14試合に登板して10連勝、六大学野球を席捲(せっけん)した豪球の威力を見せつけた。翌1943年にはノーヒットノーランを達成し、34勝、防御率0.73、253奪三振で投手三冠王に輝いた。この年の19完封と防御率は、プロ野球記録(2015年時点)である。1944年には監督を兼任、さらに2年連続の奪三振王を手にし、第二次世界大戦後の1946年には2回目の最優秀防御率を獲得した。1947年は1年だけ中日ドラゴンズに在籍したが、1948年から巨人に戻り、1949年には24勝7敗で3回目の最優秀防御率投手となる力投をみせ、沢村賞を受賞した。このころに編み出したスライダーが大きな武器となり、1950年には史上初の完全試合を達成した。1955年で引退し、巨人の二軍監督、コーチとなり、大和証券の監督を務めた。投手としての通算勝率6割9分7厘、同防御率1.90はいずれも歴代1位(2015年時点)である。[出村義和]
 選手としての実働13年間の通算成績は、登板試合367、投球回2628と3分の1、200勝87敗、防御率1.90、奪三振1177、完投227、完封63。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最高勝率3回、最優秀防御率3回、最多奪三振2回、沢村賞1回、ベストナイン1回。監督としての通算成績(2年)は、60試合、34勝23敗3分け、勝率5割9分6厘。1976年(昭和51)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤本英雄の関連キーワード昭和時代藤本

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android