コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本韶三 ふじもと しょうぞう

1件 の用語解説(藤本韶三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本韶三 ふじもと-しょうぞう

1896-1992 大正-昭和時代の出版人。
明治29年10月3日生まれ。関東大震災後,美術雑誌「アトリエ」「画論」などの編集に従事。昭和18年の戦時統制による雑誌統合で大下正男日本美術出版(のち美術出版社)を設立。戦後,独立して三彩社をつくった。平成4年4月4日死去。95歳。長野県出身。筆名は多田信一。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤本韶三の関連キーワード深刻小説ドイツ統一自衛隊ユーゴ紛争尾崎 豊オリンピックインド映画大石まどか中原丈雄朝岡実嶺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone