コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤村詩集 とうそんししゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤村詩集
とうそんししゅう

島崎藤村詩集。 1904年刊。『若菜集』 (1897) ,『一葉舟』 (98) ,『夏草』 (98) ,『落梅集』 (1901) の合本。巻頭に「遂に新しき詩歌の時は来りぬ」に始る序文を付し,明治浪漫主義の最初の開花を鮮かに誇示した詩集。伝統の詩語韻律を生かしながら,近代的自我を基底とした官能の解放,恋愛賛歌,唯美的芸術賛美の感情をうたい,生活的,現実的な詩風に変っていく過程もうかがわれる。藤村は本集刊行以後は詩から散文に移った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藤村詩集の関連キーワード日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア東欧演劇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android