コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田元司 フジタモトシ

デジタル大辞泉の解説

ふじた‐もとし〔ふぢた‐〕【藤田元司】

[1931~2006]プロ野球選手・監督。愛媛の生まれ。慶大、日本石油で投手としてプレーしたのち、昭和32年(1957)巨人入団。選手期間は8年と短いものの、最多勝利をあげるなど活躍。のち同球団の監督を務め、リーグ優勝4回、日本一2回。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田元司 ふじた-もとし

1931-2006 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和6年8月7日生まれ。西条北高(現西条高)から慶大にすすむ。昭和31年日本石油のエースとして都市対抗に優勝。翌年巨人に入団し,17勝で新人王。33年29勝,34年27勝をあげる。実働8年,通算119勝88敗,防御率2.20。56-58年,平成元-4年巨人監督をつとめ,優勝4回(うち日本一2回)をはたした。平成8年野球殿堂入り。平成18年2月9日死去。74歳。愛媛県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田元司
ふじたもとし
(1931―2006)

プロ野球選手(投手:右投右打)、監督。8月7日、愛媛県生まれ。西条北高(現、西条高)を経て1952年(昭和27)に慶応義塾大学へ進学、通算31勝をあげながら、卒業するまで一度も優勝を経験することができず、力投するも報われない「悲運のエース」というイメージがついて回った。1956年に日本石油へ入社し、1957年読売ジャイアンツ(巨人)に入団。1年目は17勝で新人王、2年目の1958年は29勝、翌1959年には27勝で最多勝利、両年とも防御率2位という好成績で2年連続最高殊勲選手(現、最優秀選手)となった。巨人は1955年からリーグ5連覇を達成し、藤田は第二期黄金時代の末期をエースとして支えた。しかしその後、肩を痛めて1964年限りで引退、実働は8年という短い期間であった。しかし、監督業に転じてからは悲運の印象を払拭(ふっしょく)した。1981年から1983年と、1989年(平成1)から1992年の二度にわたって巨人監督を務め、リーグ優勝4回、日本一2回に輝いた。なかでも、近鉄バファローズに3連敗してから4連勝し、逆転で日本一となった1989年の日本シリーズは、いまでも語りぐさになっている。[出村義和]
 選手としての8年間の通算成績は、登板試合364、投球回1701、119勝88敗、防御率2.20、奪三振924、完投70、完封17。獲得したおもなタイトルは、新人王、最多勝利1回、最高勝率2回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)2回、ベストナイン1回。監督としての通算成績(7年)は、910試合、516勝361敗33分け、勝率5割8分8厘、リーグ優勝4回、日本シリーズ優勝2回。1996年(平成8)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『松下茂典著『ドンを越えた男』(1990・ダイヤモンド社) ▽藤田元司著『藤田前監督 巨人軍を語る』(1993・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤田元司の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎[各個指定]芸能部門五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤田元司の関連情報