藪椿(読み)ヤブツバキ

デジタル大辞泉の解説

やぶ‐つばき【××椿】

野生のツバキ。海岸や山地に自生し、、赤い5弁花が咲く。本州以南に分布。これをもとに園芸品種の多くが作られた。やまつばき。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藪椿 (ヤブツバキ)

植物。野生椿ヤマツバキの別称

藪椿 (ヤブツバキ)

学名:Camellia japonica
植物。ツバキ科の常緑高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やぶ‐つばき【藪椿】

〘名〙 ツバキの異名。特に山野に自生するものをさすこともある。やまつばき。《・春》
※俳諧・犬子集(1633)一七「白き物こそ黒くなりけれ 花も実も用にたたぬや藪椿〈貞徳〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android