コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆名盛重 あしなもりしげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘆名盛重
あしなもりしげ

[生]天正3(1575)
[没]寛永8(1631).6.7.
戦国時代の武将。常陸佐竹義重の子。9歳で結城義親の養子となり義広と称し,13歳で会津の蘆名を継ぎ,のち盛重と改めた。天正 17 (1589) 年伊達政宗に攻められ常陸に逃れ,会津の蘆名氏は滅んだ。のち常陸江戸崎を領したが,慶長7 (1602) 年佐竹氏の秋田移封に際し佐竹家臣となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘆名盛重 あしな-もりしげ

1575-1631 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)3年生まれ。佐竹義重(よししげ)の次男。結城義親(よしちか)(白川義親)の養子となったが,天正15年後継者のない蘆名氏にむかえられ,陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)黒川城主となる。17年伊達政宗と磐梯山麓(ばんだいさんろく)の摺上原(すりあげがはら)でたたかい,敗れて生家佐竹氏のもとにのがれ,のち秋田にうつった。寛永8年6月7日死去。57歳。初名は義広。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蘆名盛重

没年:寛永8.6.7(1631.7.6)
生年:天正3(1575)
戦国末・江戸初期の武将。常陸太田城主佐竹義重の次男,幼名喝食丸。初名義広。天正7(1579)年白川義親の養子になった。蘆名氏は,盛氏のあと二階堂盛隆が蘆名家を嗣いだが横死し,その嗣子亀若丸は3歳で痘を患って死去。そこで宿老らの衆議によって義広が15年盛隆の娘と結婚して蘆名家を継ぎ,これにより同家の佐竹氏への従属は強まった。義広は豊臣秀吉に使者を送るなどしていたが,秀吉は17年2月ごろ蘆名,上杉両氏の和睦を下知し奥羽の地も自らの秩序に服させようとした。ところが蘆名家は義広に伴い会津入りした佐竹衆と蘆名譜代との争いにより家中は不安な情勢となる。一方,佐竹・蘆名連合勢力と伊達氏との間に緊張が高まっていた。17年6月磐梯山麓摺上原の決戦で大敗し,義広は白河を経て常陸の実家に走り,蘆名家は滅亡した。翌18年秀吉から常陸国江戸崎領4万5000石を与えられ,名も盛重と改めた。その後関ケ原の戦不参により徳川家康から慶長7(1602)年所領を没収され,兄佐竹義宣の家臣となって秋田領角館1万6000石を領した。墓は秋田県角館町の天寧寺。<参考文献>『会津若松史』1巻

(伊藤清郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

蘆名盛重の関連キーワード佐竹義広白川義広蘆名義広一羽流

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android