コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘞い/醶い エグイ

デジタル大辞泉の解説

えぐ・い〔ゑぐい〕【×蘞い/×醶い】

[形][文]ゑぐ・し[ク]
あくが強くて、いがらっぽい感じがする。えがらっぽい。「山菜を食べたあと、のどが―・い」
俗に、むごたらしいさま。また、どぎついさま。「―・い描写」
我が強くて思いやりのないさま。きつい。
「では何か…、―・い事でもお言いなしたのですかい?」〈三重吉・小鳥の巣〉
[派生]えぐさ[名]えぐみ[名]

えご・い〔ゑごい〕【×蘞い/×醶い】

[形][文]ゑご・し[ク]えぐい」に同じ。
「苦く、―・く、すっぱく…稀有な声だぞ」〈滑・虚誕計・後〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えごい【蘞い】

( 形 ) [文] ク ゑご・し
えぐい 」に同じ。 「芋の親嫁には-・くあたるなり/雑俳・末摘花」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蘞い/醶いの関連キーワード末摘花

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android