コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦い ニガイ

デジタル大辞泉の解説

にが・い【苦い】

[形][文]にが・し[ク]
舌を刺激し、口がゆがむような嫌な味である。「餅が黒焦げになって―・い」「―・いコーヒー」→五味(ごみ)
不快である。おもしろくない。にがにがしい。「交渉決裂の報に―・い顔をする」
つらくて苦しい。その事を考えたり思い出したりするのも嫌である。「―・い思い」「―・い経験」
[派生]にがさ[名]にがみ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にがい【苦い】

( 形 ) [文] ク にが・し
舌にいやな味を感ずる。 「 - ・いお茶」 「良薬は口に-・し」
不機嫌である。不愉快に感じる。 「落選と聞いて-・い顔をする」 「興もさめて事-・うなりぬ/大鏡 道長
つらい。苦しい。 「 - ・い経験」
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

苦いの関連キーワードスプーン・リバー詞華集ハタンキョウ(巴旦杏)フェノバルビタール疢美は悪石に如かずチョコレート効果我が家の女たち塩化カリウムイソニアジドロートエキスキナエキス黄金の子牛苦杯・苦盃苦味チンキ付き纏わるキニーネ味覚障害ビターン陀羅尼助エメチンアンナカ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦いの関連情報