コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋い シブイ

デジタル大辞泉の解説

しぶ・い【渋い】

[形][文]しぶ・し[ク]
渋柿を食べたときなどの、舌がしびれるような味である。「―・いお茶」
はででなく落ち着いた趣がある。じみであるが味わい深い。「―・い声」「―・い色のネクタイ」「目の付け所が―・い」
不愉快そうな、または、不満そうなようすである。「―・い顔をする」
金品を出すのを嫌がるようである。けちである。「―・い客」
動きが滑らかでない。「湿気でふすまが―・くなる」
[派生]しぶさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶい【渋い】

( 形 ) [文] ク しぶ・し
柿の渋のような味がする。舌がしびれるような感じだ。 「この柿は-・くて食べられない」 「 - ・いお茶」 「 - ・き菓くだもの/東大寺諷誦文稿 平安初期点
華やかでなく落ち着いた趣がある。地味で深い味わいがある。 「 - ・い柄の着物」 「若いに似あわず好みが-・い」 「 - ・い喉のどを聞かせる」
(渋柿でも食べたような)不機嫌な顔つきだ。にがりきっている。 「痛いところをつかれて-・い顔をする」
けちだ。金品を出し惜しむ。 「思ったより-・い人だ」 〔 は近世以降の用法〕
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渋いの関連キーワード借る時の地蔵顔,済す時の閻魔顔沢村 源之助(5代目)古今亭志ん生(4世)Bit Valley胆礬(データノート)竹本津太夫(2世)オーバーウエイト林家正蔵(8世)済す時の閻魔顔アッテンボロー吉田 多為蔵古今亭志ん生長谷川 稔カキ(柿)岩田 祐吉松下 達夫吉田文五郎時代が付く吉田栄三ギャバン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渋いの関連情報