コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランビキ

デジタル大辞泉の解説

ランビキ

《〈ポルトガル〉alambiqueから。「引」とも書く》江戸時代酒類などの蒸留に用いた器具。陶器製の深なべに溶液を入れ、ふたに水を入れてのせ、下から加熱すると、生じる蒸気がふたの裏面で冷やされて露となり、側面の口から流れ出るもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ランビキ【蘭引】

江戸時代、酒などを蒸留するのに用いた道具。陶製の深い鍋の上に、冷水を入れた別の鍋をふたにし、下から加熱して蒸発した気体を冷やし集めるようにしたもの。 〔「蘭引」とも書いた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ランビキの関連キーワード石油焼酎陶製

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android