コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子設計 ぶんしせっけいmolecular design

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子設計
ぶんしせっけい
molecular design

ある機能をもつ分子を,その構造から合成まで設計すること。現在までに数多くの分子の構造と機能の関係がデータとして得られているが,そのデータをもとに,目的とする機能をもつ分子をデザインすることが可能となった。その合成経路についても,いままで知られている化学反応を組合せることによって予測することができる。各種分子の物理的,化学的,薬理的性質についてのデータベースをもとに,コンピュータを活用することで,超伝導物質,医薬品,新素子材料などの分子設計が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

分子設計の関連キーワードタンパク(蛋白)質工学インクジェット用色素偏光フィルム用色素近赤外線吸収色素糖タンパク質タンパク工学機能性色素カロザーズ光増感色素PBT繊維分子構造論感熱色素人工酵素電気工学人工血液岩村秀

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分子設計の関連情報