蛙鳴蟬噪(読み)あめいせんそう

四字熟語を知る辞典の解説

カエルやセミが鳴きさわぐこと。転じて、議論や文章などがへたなことのたとえ。騒がしいばかりで何の役にも立たないこと。むだな言いまわしが多くて、内容がとぼしいこと。

[活用] ―する。

[使用例] 成程彼輩においては二十三年までは国会とか憲法とか蛙鳴蟬噪するの自由を有することもあるべし[徳富蘇峰*明治廿三年後の政治家の資格を論す|1884]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android