コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜜吸 ミツスイ

2件 の用語解説(蜜吸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつ‐すい〔‐すひ〕【蜜吸】

スズメ目ミツスイ科の鳥の総称。全長10~45センチ。色彩はさまざまであるが、派手なものが少なくない。多くはくちばしが細長く、舌はブラシ状をし、花蜜を好む。約170種がオーストラリアニューギニア南太平洋の島々に分布。日本にはメグロがすむ。ハニーイーター。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みつすい【蜜吸】

スズメ目ミツスイ科の鳥の総称。東南アジアからニュージーランドまでに170種余りが分布。体長は10~44センチメートルまでさまざま。くちばしは細く、長めで下に曲がり、花蜜のほか木の実や虫を食べる。羽の色彩は地味なものが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜜吸の関連キーワード鳴禽類楓鳥花鳥鷦鷯鶺鴒太陽鳥知目鳥紅雀ハワイ蜜吸ミツスイ(蜜吸)