蜾蠃(読み)カラ

大辞林 第三版の解説

から【蜾蠃】

ジガバチの異名。すがる。 「 -の母は情を矯めて/渋江抽斎 鷗外

すがる【蜾蠃】

ジガバチの古名。また、ハチの異名。 「飛び翔る-のごとき腰細に取り飾らひ/万葉集 3791
鹿しかの異名。 「 -伏す木ぐれが下の葛まきを/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すがり【蜾蠃】

〘名〙 昆虫「はち(蜂)」の異名。→すがる(蜾蠃)。〔仙台言葉以呂波寄(1720)〕

すがる【蜾蠃】

〘名〙
① 昆虫「じがばち(似我蜂)」の古名。また、「はち(蜂)」の異名ともする。
※万葉(8C後)一六・三七九一「海神(わたつみ)の 殿の蓋(いらか)に 飛び翔(かけ)る 為軽(すがる)の如き 腰細に 取り飾らひ」
※古今(905‐914)離別・三六六「すかるなく秋のはぎはらあさたちてたび行く人をいつとかまたん〈よみ人しらず〉」
② 「しか(鹿)」の異名。《季・秋》
山家集(12C後)中「すがる伏す木(こ)ぐれが下の葛まきを吹き裏反へす秋の初風」
[補注]①の挙例古今和歌集」は一説に鹿の意という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android