田螺(読み)タニシ

デジタル大辞泉の解説

た‐にし【田×螺】

タニシ科の巻き貝の総称。水池沼の泥中で越冬し、春、水底に現れる。貝殻は丸みのある円錐形で、殻高3.5~7センチ。殻表は滑らかで黒緑色。卵胎生。日本には、大形のオオタニシ、中形のマルタニシ・ナガタニシ、小形のヒメタニシがいる。食用。 春》「光輪を負ひて貧しき―かな/茅舎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たにし【田螺】

タニシ科の淡水産巻貝の総称。貝殻は卵円錐形。雌雄異体。卵胎生で幼貝が直接親貝から生み出される。水田や池沼にすみ、食用。日本産はオオタニシ・マルタニシ・ナガタニシ・ヒメタニシの四種。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

田螺 (タニシ)

動物。タニシ科に属する巻き貝の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田螺の関連情報