コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝶蝶魚 チョウチョウウオ

デジタル大辞泉の解説

ちょうちょう‐うお〔テフテフうを〕【××蝶魚】

チョウチョウウオ科の海水魚。全長約20センチ。体形は円形に近く、側扁が著しい。体色は黄褐色で、うろこの列に沿って褐色の縦縞があり、目を横切る黒と白色の横帯がある。本州中部以南の暖海に分布。
スズキチョウチョウウオ科の海水魚の総称。色鮮やかな斑紋をもつものが多い。大多数は熱帯の珊瑚礁(さんごしょう)にすみ、観賞用に飼育される。トゲチョウチョウウオ・ゲンロクダイ・ハタタテダイなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうちょううお【蝶蝶魚】

スズキ目チョウチョウウオ科の海魚の総称。
の一種。全長約20センチメートル。体はほぼ円形で側扁する。口は小さくて突出する。体色は黄褐色で、黒褐色と白色の横縞が目の上を横切る。観賞魚。房総半島以南に広く分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone