コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠅取り器 ハエトリキ

デジタル大辞泉の解説

はえとり‐き〔はへとり‐〕【×蠅取り器】

ハエを中へ誘い込んで出られないようにした器具。 夏》「営々と蠅を捕りをり―/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はえとりき【蠅取り器】

ハエを駆除する仕掛け。明治時代の《台所重宝記》には石油を入れたたらいを天井にとまっているハエにかぶせたり,モチの棒を下げるなどの当時のくふうが見られる。同じころ,理髪店やそば屋では,ガラス製の“蠅除け光り珠”をつるすことが流行していた。シュロの葉を短く切ったハエ叩きは簡便で必需品だった。粘着紙に誘引剤を塗付したものがハエ取りリボンで,室内につるしておくとおもにヒメイエバエが取れる。ハエ取り紙は粘着紙を水平に開いて置くものでイエバエが取れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android