コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘引剤 ゆういんざいattractant

翻訳|attractant

5件 の用語解説(誘引剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘引剤
ゆういんざい
attractant

動物を誘引する薬剤。昆虫に対する誘引剤が最もよく研究されている。誘引は食物誘引,産卵誘引,性誘引に分けられる。食物誘引と産卵誘引は,ある昆虫が特定の食物あるいは産卵場所に誘引されるもので,両者が区別できないこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆういん‐ざい〔イウイン‐〕【誘引剤】

害虫を誘い寄せる薬剤。餌の匂いのする化学物質フェロモンなどを用い、また殺虫剤と組み合わせて使用する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆういんざい【誘引剤 attractant】

有害昆虫,動物などの好む化学物質を用いて誘引して集め,防除したり,またそれらの発生を予察したりする薬剤。多くの昆虫の雌は,尾部の腺組織から特有の化学物質を分泌し,これが雄の昆虫を誘引して生殖が行われるのが普通で,この誘引物質性フェロモンと呼ばれている。鱗翅目昆虫(チョウ,ガの類)の性フェロモンの研究が盛んで,Butenandtらによるカイコガの性フェロモン,ボンビコールの単離および構造決定((E,Z)‐10,12‐ヘキサデカジエン‐1‐オール)は,この分野の先駆的研究成果である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆういんざい【誘引剤】

昆虫などをさそい集める薬剤。昆虫類が性フェロモンなど特定の化学物質の刺激源に向かう性質などを利用したもの。 → 忌避剤

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誘引剤
ゆういんざい

害虫をおびき寄せるために使う薬剤。虫を誘引する方法は、化学物質のほか、光や色や熱など物理的方法もある。誘引した害虫は、トラップや「とりもち」(粘着剤)などの方法でとらえて害虫駆除の手段とするほか、発生予察の目的で観察する場合もある。また、誘引剤と食毒性殺虫剤を調合して毒餌(どくじ)とし、毒殺による駆除に使う場合もある。実用化されている主要なものは、コガネムシ類やミカンコミバエなどに用いるオイゲノールやメチルオイゲノール、コガネムシ類に使うゲラニオール、ウリミバエを誘引するダイズや酵母の加水分解物、ナメクジを誘引毒殺するメタアルデヒド、ゴキブリを誘引するゴキブリの糞(ふん)から抽出精製した集合フェロモンなどがある。また、発生予察や防除の試験段階として、モモシンクイガ、チャマダラメイガ、リンゴノコカクモンハマキ、チャノコカクモンハマキ、ワタミゾウムシなどの処女雌の分泌物の研究から化学構造の判明した性フェロモンと同様の効果のある類縁合成化合物が、雄成虫の誘引に使用されている。[村田道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

誘引剤の関連情報