血道(読み)チミチ

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐の‐みち【血道】

〘名〙
液の通るみち。血脈。血管。ちみち。
※彌勒上生経賛平安初期点(850頃)「世尊の筋(すち)(チノミチ)盤結とむすほほりて堅固にして」
※文机談(1283頃)三「上ざまにも道をしろしめす君は、ちのみちを御こころえありて伶人をもゑらばれ」
③ 女性特有の病気の総称。産褥(さんじょく)時・月経時・更年期などに血行不順から起こる、頭痛・のぼせ・めまい・精神不安定などの諸症状、および子宮病など。ちのやまい。ちみち。
※実隆公記‐長享二年(1488)五月四日「抑青女今日未下刻俄損事。血道風気歟」
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)下「母は持病の血の道におさゐが事の其の日より、癪の痞(つか)へに胸痛み」

ち‐みち【血道】

〘名〙
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「妻は時の騒ぎに血逆(チミチ)を起して、胎内の児と共に土中の人となった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血道の関連情報