騒ぎ(読み)サワギ

デジタル大辞泉「騒ぎ」の解説

さわぎ【騒ぎ】

上代は「さわき」》
騒ぐこと。また、騒がしいこと。やかましさ。「教室の騒ぎが静まる」
人々が騒ぐような出来事。ごたごた。騒動。「騒ぎを起こす」「騒ぎになる」
(「…どころのさわぎ」の形で、あとに打消しの語を伴って用いる)そのような程度の事柄。「見物どころの騒ぎではない」
大変なこと。めんどうなこと。「こんなことが上司に知れたら騒ぎだ」
酒席などで、にぎやかにたわむれること。遊興
「何時なりとも―の節、きっと参上申すべく」〈冥途の飛脚
騒ぎ歌」の略。
[類語](1喧噪狂騒躁狂大騒ぎ馬鹿騒ぎ空騒ぎどんちゃん騒ぎ乱痴気騒ぎお祭り騒ぎてんやわんや/(2もめ事トラブルいざこざごたごた悶着摩擦どさくさ波乱小競り合い喧嘩問題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android