衛星バス(読み)えいせいバス(英語表記)satellite bus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛星バス
えいせいバス
satellite bus

人工衛星の基本機能を正常に動作させるための機器。電力の供給や,発生した熱の排出,衛星の姿勢の制御,地上との交信等を行なう機器をバス機器と呼び,観測など人工衛星の持つ目的を実行するための機器 (ミッション機器) と区別する。バス機器と人工衛星の主構造を併せた部分を総称して衛星バスという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいせい‐バス〔ヱイセイ‐〕【衛星バス】

satellite bus人工衛星の基本的な機能や動作に必要な構成部品の組み合わせ。電力の供給、熱制御、姿勢制御、軌道制御、地上との交信に関わる機器を指し、観測などの用途に応じて搭載されるミッション機器と区別される。人工衛星バス。バス機器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android