コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣笠茸 キヌガサタケ

デジタル大辞泉の解説

きぬがさ‐たけ【××茸】

スッポンタケ科のキノコ。夏から秋にかけ、竹林に多く生える。初めは球状で、伸びると高さ15~25センチ。柄の釣鐘状の頭部から周囲に白い網状の外被がかぶさる。頭部表面に粘液があり、悪臭を放つ。中国料理に用い、竹蓀(チュースン)という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

衣笠茸 (キヌガサタケ)

植物。ハラタケ科のキノコ。キツネノカラカサの別称

衣笠茸 (キヌガサタケ)

学名:Dictyophora indusiata
植物。スッポンタケ科のキノコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android