コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖垣 ソデガキ

デジタル大辞泉の解説

そで‐がき【袖垣】

建物などのわきに添える幅の狭い垣。
和船(とも)のほうに、垣根のように高く作ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

袖垣

日本家屋で、玄関の脇や裏木戸の周囲などに目隠しを目的にして作られた根。竹を主材料とし、多くは建物の柱や壁に接して立てられた小振りな塀で、形も大きさも一定していないが、いずれも和服の袖に似ているところからこの名称が付いた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

そでがき【袖垣】

建物などのわきに添えて造った幅の狭い垣根。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袖垣
そでがき

建物に取り付いて設けられた幅の狭い垣根。用いられる材料や形状にかかわりなく、そのような状況の垣根を総称する。主として目隠しのためにつくられ、庭園の点景にもなっている。材料としては、木、竹(丸竹、潰(つぶ)し竹、割り竹)、篠竹(しのだけ)、竹の穂、そだ、ハギ、クロモジ、杉皮、網代(あじろ)などが使われ、材料や形状あるいは竹などの組み方から、柴(しば)垣、清水垣、鉄砲垣、網代垣、杉皮小網代垣、菱(ひし)垣、矢の竹垣、立合垣、高麗(こうらい)垣などの名称がつけられている。部分的な特徴ある組み方などに、窓、丸窓、よろい形、透かし、格子、菱目、松明(たいまつ)、小待(こまち)、霞(かすみ)、宗旦(そうたん)好み、萩(はぎ)乱れ、茶筅(ちゃせん)、時雨(しぐれ)、両面、鉄砲、車、寄り合いなどさまざまな名称がつけられている。[平井 聖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の袖垣の言及

【垣】より

…桂離宮の周囲に用いられている竹垣のように,生きたままの竹の幹を折り曲げて編むようなものもあった。袖垣(そでがき)は建物に接してつくられる小規模な垣で,竹や木枝を材料とする。 一方,恒久的な材料を用いる垣としては石垣や石柵がある。…

※「袖垣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袖垣の関連キーワード立ち会い垣・立会い垣ゆうちく袖垣鉄砲袖垣黒文字垣下総袖垣茶筅袖垣茨城県忍び垣千葉県高麗垣平井玉縁萩垣わき黒竹鉢前

袖垣の関連情報