コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖山 ソデヤマ

デジタル大辞泉の解説

そで‐やま【袖山】

和服で、袖の上端の折り目になる部分。
洋服で、袖付けの山形になった部分全体。また、その頂点。
芝居の大道具で、舞台の袖の張り物に描かれた背景の山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでやま【袖山】

和服で、袖の上端の折り目になる所。
洋服で、型紙で袖幅を決める基礎線から上の山型になった部分。また、その頂点。
演劇の大道具で、舞台の両端から袖のように張り出された背景の山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

袖山の関連キーワードコンケーブドショルダースイングスリーブパフトショルダー6月20日スリーブ付け下げ基礎縫い袖付け蔵物語キトン馬淵川達淳一チョロ袖畳みいせる産着和服紋付長着袖幅

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袖山の関連情報