コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角果 かくか silique

2件 の用語解説(角果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角果
かくか
silique

蒴果の一型で,2枚の心皮からできた角状の果実。細長いものを特に長角果 silique (たとえばアブラナ) ,長さが短いものを短角果 silicleまたは siliculaという (ナズナなど) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角果
かくか

乾果の一種。長角果と短角果に分けられる。アブラナ科の果実のように裂開するときに中央に隔壁が残り、そこに種子がついている。ケシ科のように、果実が1室からなる角果を長角果状(さくか)とよぶことがある。[吉田 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角果の関連キーワード蒴果失認ファラデー箱袋果長角果豆果蜜柑状果できた できた できたイバラモチシマゼキショウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone