コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角果 かくかsilique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角果
かくか
silique

蒴果の一型で,2枚の心皮からできた角状果実。細長いものを特に長角果 silique (たとえばアブラナ) ,長さが短いものを短角果 silicleまたは siliculaという (ナズナなど) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角果
かくか

乾果の一種。長角果と短角果に分けられる。アブラナ科の果実のように裂開するときに中央に隔壁が残り、そこに種子がついている。ケシ科のように、果実が1室からなる角果を長角果状(さくか)とよぶことがある。[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

角果の関連キーワードフウチョウソウ(風蝶草)ミズタガラシ(水田芥)タネツケバナ(種漬花)ハマハタザオ(浜旗竿)マガリバナ(歪り花)ハタザオ(旗竿)グンバイナズナ芥子科・罌粟科スカシタゴボウ果実(植物)ミズタガラシハナハタザオスズシロソウタネツケバナエゾスズシロハマダイコン芥子菜・芥菜ヤマハタザオユリワサビイヌガラシ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android