コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補体結合反応 ほたいけつごうはんのう complement fixation reaction

2件 の用語解説(補体結合反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補体結合反応
ほたいけつごうはんのう
complement fixation reaction

血清学,免疫学で利用される免疫反応の一つで,抗原が対応する特異抗体のほか適量の補体がある場合に,初めて結合反応を行うもの。反応によって遊離補体は消失する。溶血反応において,溶血すれば補体は結合反応に関与せず,溶血しなければ補体が結合反応に関与したことがわかるので,細菌,ウイルススピロヘータなどの鑑別診断に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

補体結合反応【ほたいけつごうはんのう】

抗原と抗体の結合物が補体をとりこむ反応。これを利用して,凝集反応沈降反応の形では結果を直接観察できない抗原抗体反応を追求できる。その方法は,既知量の補体を反応系に加え,消費されずに残された補体量を免疫溶血反応により測定し,その結果から消費補体量を計算して結合した抗原量や抗体量を知るもので,すぐれた感度を有する。
→関連項目アデノウイルスボルデ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の補体結合反応の言及

【補体】より

…これらの制御タンパク質を欠損している人では,歯止めを失ったため,補体系の反応が際限なく進行し,その結果さまざまな病気が生じる。
[診断への利用]
 なお,梅毒やウイルス感染症の補助診断に用いられている補体結合反応は,種々の抗原抗体複合物に補体が非特異的に反応できることを応用した血清反応である。既知の抗原を用い,これと反応できる抗体が患者の血清中に存在するか否かを調べようとするときに用いられることが最も多い。…

※「補体結合反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

補体結合反応の関連キーワード移植免疫免疫反応液性免疫免疫寛容イムノアッセイ血清学細胞性免疫反応補体免疫系免疫学的検査免疫グロブリンA

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone