床ずれ(読み)とこずれ

百科事典マイペディアの解説

床ずれ【とこずれ】

褥瘡(じょくそう)とも。長時間一定の部位が圧迫されたことによって生じる皮膚傷害。鬱血(うっけつ)による発赤疼痛(とうつう)があり,次いで壊疽(えそ)・潰瘍(かいよう)を生じて細菌感染が加わる。局所の血行障害に全身性の栄養障害神経麻痺(まひ)が加わると生じやすい。予防がもっとも大切で,そのためには体位を変え,局所の清潔,マッサージ,感染予防などが必要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

床ずれ

褥瘡(じょくそう)とも呼ぶ。寝具や車いすなどと接触する部分が長く圧迫されることで血流が悪くなり、皮膚やその下の組織が死んでしまい傷ができる。赤みや水ぶくれから始まるが、進行すると深い傷となる。骨が出ている部分に生じやすい。

(2013-01-12 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とこずれ【床ずれ bedsore】

褥瘡(じよくそう)の一般名称で,長期臥床中の人の背や腰など,長時間圧迫されている部位にできる壊死性の皮膚障害をいう。病人が長く床に伏していると,長時間圧迫されている部位に血行障害を起こして酸素や栄養が行かないようになり,やがて床ずれが生ずる。まず圧迫されている部位の皮膚が赤くなり,ついで紫色の斑点となり,水疱ができる。さらに進むとただれ,潰瘍となり,痛みを伴う。 床ずれができやすいのは,(1)脳卒中,糖尿病などの慢性疾患や意識障害,運動障害,あるいは骨折など,長期間病床にあって,自発的な動作が阻まれ,体位の変換が困難な状態にある場合,(2)さらに,痛みやかゆみ,圧迫感などの知覚が障害されている場合,(3)全身的な栄養障害,浮腫,糖尿病などによって感染に対する抵抗力が弱まっている場合,(4)多量な汗や頻回な尿・便失禁,また衣類やシーツ類のしわや汚れ,湿気などによる刺激によって皮膚が清潔に保てなかったり,損傷されやすい状態にある場合,などである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

床ずれの関連情報