コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ケープ州 にしケープWestern Cape

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西ケープ〔州〕
にしケープ
Western Cape

南アフリカ共和国南西部の州。州都は国の立法府所在地のケープタウンアフリカ大陸最南端に位置し,西は大西洋,南はインド洋に面する。1994年までケープ州の一部。大陸南部の広大な内陸高地草原(ハイベルト)の南端をなす切り立った岩の断崖が,北部の北ケープ州との境界に沿って伸びる。カルー台地の南と西に海岸地帯が細長く広がり,南西部のケープ半島南端に喜望峰,その北部にテーブル山がある。植生は多様で,州域の一部はケープ植物区保護地域群(2004年世界遺産自然遺産に登録)に属する。海岸部は海洋性気候,北部の大半は地中海性気候温帯冬雨気候)で,最北部は半乾燥気候。人口の約半分は混血で,黒人が 4分の1,白人が 5分の1を占める。アフリカーンス語が最も多く使われ,コーサ語と英語がそれに次ぐ。羊毛,コムギ,果物および国産ワインの主産地として知られるほか,ダチョウの飼育でも有名。大西洋沿岸では漁業や缶詰製造が盛ん。繊維や自動車製造,造船などの工業も行なわれる。ケープタウンの北方沖約 10kmにあるロブン島は,アパルトヘイト時代の刑務所(現在は博物館)があったことで知られ,1999世界遺産文化遺産に登録。面積 12万9462km2。人口 535万6900(2009推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西ケープ州の関連情報