コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山会議派 せいざんかいぎはXi-shan-hui-i-pai

1件 の用語解説(西山会議派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西山会議派
せいざんかいぎは
Xi-shan-hui-i-pai

1925年 11月~26年1月,北京の西山碧雲寺で会議を開き,1期四中全会の名義で反共的な宣言をした中国国民党内の反共右派の一派をいう。この会議に集ったのは林森,戴伝賢,鄒魯,謝持,居正,張継,邵元冲ら十数名。理論的指導者は戴季陶で,国民党からの共産主義者の追放,および広東政府のロシア人顧問 M.ボロディンの追放を要求した。 26年の国民党二全大会はこの西山会議派を除名処分にしたが,同派は別に上海で大会を開いてそれに対抗した。国民党の右傾化を促進し,27年の国共分裂の一要因となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

西山会議派の関連キーワード治安維持法ドイツ映画女工哀史ボルゴグラードレザー・シャー・パフラビーイービ木下利玄モースモッセレツェル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone