コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戴季陶 たいきとう

8件 の用語解説(戴季陶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戴季陶
たいきとう

「戴伝賢 (たいでんけん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たい‐きとう〔‐キタウ〕【戴季陶】

[1891~1949]中国の政治家。四川省の生まれ。名は伝賢。号は天仇。日本に留学後、革命運動に入り、孫文の死後は国民党右派の領袖。国民政府委員・考試院長を歴任。著「日本論」など。タイ=チータオ。

タイ‐チータオ【戴季陶】

たいきとう(戴季陶)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

戴季陶【たいきとう】

中国,国民党の政治家,孫文主義の理論的指導者。筆名は天仇。四川省の人。清末,日本に留学し,孫文の側近として中華革命党結成などに活躍。のち右派の西山派の中心として蒋介石の思想的支柱となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戴季陶 たい-きとう

1891-1949 中国の政治家,ジャーナリスト。
光緒17年11月26日生まれ。明治38年日本に留学。1911年中国革命同盟会に入会し,翌年孫文の秘書となり,日本亡命の際同行。孫文の死後国民党の容共政策に反対して国民党右派の理論的指導者となった。1949年2月12日死去。59歳。四川省出身。日大卒。名は伝賢。筆名は天仇。著作に「孫文主義の哲学的基礎」「日本論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たいきとう【戴季陶 Dài Jì táo】

1890‐1949
中国の政治家。四川省出身。季陶は字,名は伝賢,筆名によって戴天仇でも知られる。1905年日本に留学し,日本大学卒業。11年中国同盟会に加入,12年孫文の秘書となり,孫文の日本亡命に常に同行して通訳をつとめた。24年国民党中央執行委員,宣伝部長。孫文死後国民党右派の反共理論家となり,孫文思想を儒教の継承と解釈し,共産主義から峻別した。日本の社会,文化に精通した彼は,田中義一内閣の政策批判を最大の眼目として,《日本論》(1928)を著したが,戦前戦後,数回翻訳されたにもかかわらず,顧みられることが少なかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいきとう【戴季陶】

1890~1949) 中国の政治家。号は天仇。日大卒。革命運動に従事。孫文の死後は、中国国民党右派の領袖となった。中華人民共和国成立後、自殺。著「日本論」など。戴天仇。タイ=チータオ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戴季陶
たいきとう / タイチータオ
(1891―1949)

中国の政治家、ジャーナリスト。国民党右派の論客。名は伝賢。季陶は字(あざな)。四川(しせん)省漢州の生まれ。1905年(明治38)日本に留学し、日本大学法科に学ぶ。1909年帰国して『上海(シャンハイ)日報』『天鐸報(てんたくほう)』を編集し、天仇(てんきゅう)の号で論文を書く。1911年筆禍事件でペナンに逃れ、同地で中国同盟会に入会し、『光華報』を編集、革命を主張した。10月の武昌蜂起(ぶしょうほうき)後、上海に戻り『民権報』を創刊。1912年(大正1)孫文(そんぶん)の秘書となり、彼に従って来日し、桂太郎(かつらたろう)との会談の通訳を務めた。1918年、労働問題、社会問題に関心をもって研究を始め、1919年、朱執信(しゅしつしん)(1885―1920)、廖仲(りょうちゅうがい)、胡漢民らとともに孫文を助けて『建設雑誌』を創刊した。1924年、国共合作の国民党第1回全国代表大会で中央執行委員、宣伝部長に選出され、黄埔(こうほ)軍官学校政治部主任も務めた。1925年孫文が死ぬと、孫文の思想を伝統的儒教思想の継承とした『孫文主義の哲学的基礎』などを著し、国民党の容共政策に反対、国民党右派の理論的指導者となり、西山会議にかかわった。1928年10月国民政府委員、考試院長となる。以後、官吏登用制度整備に尽力した。1949年2月広州で死去。自殺との説もある。[阿川修三]
『戴季陶著、市川宏訳『日本論』(1972・社会思想社) ▽嵯峨隆著『戴季陶の対日観と中国革命』(2003・東方書店) ▽張玉萍著『戴季陶と近代日本』(2011・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戴季陶の関連キーワード郭沫若艾蕪張群李先念廖平楊尚昆張瀾川劇胡錦涛呉鼎昌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戴季陶の関連情報