コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川喜洲 にしかわきしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

にしかわきしゅう【西川喜洲】

日本舞踊正派西川流の家元名。(1)初世(1875‐1931∥明治8‐昭和6) 7世西川巳之助,西川喜舞に師事し,西川喜代春の名を許される。のち水木,藤間,坂東,花柳の各流に学び,1916年に喜洲を名のり独立。(2)2世(1904(明治37)‐ )初世の養女で,1932年に襲名。(3)4世(1928(昭和3)‐ )2世の娘喜代春。その婿(のちの花川蝶十郎)が一時3世を継いだが不縁となり,喜代春が1963年に4世を襲名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の西川喜洲の言及

【西川流】より

…2世鯉三郎亡きあと現家元は西川右近(1939‐ )である。別に大正初年,扇蔵家から分かれた正派西川流があり,現家元は4世西川喜洲である。【柴崎 四郎】。…

※「西川喜洲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西川喜洲の関連キーワード西崎 緑(1代目)西崎 緑(初代)西崎緑(初代)10月24日西川 栄寿林 きむ子林きむ子西川流西崎緑西崎流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android