コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西毅一 にし きいち

美術人名辞典の解説

西毅一

政治家・教育者。岡山の人。本姓霜山氏、通称久之助、薇山と号す。森田節斎の門人西後村の後を嗣ぐ。藩の外交応接方として活躍、維新後は学校督事として教育改革を実施する。岡山県参事を経て東京上等裁判所判事。後帰郷して自由民権運動に参加、国会開設を唱える。衆議院議員に二度当選。晩年は復興した旧藩校閑谷黌の経営に力を注いだ。明治37年(1904)歿、62才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西毅一 にし-きいち

1843-1904 明治時代の教育者,政治家。
天保(てんぽう)14年7月16日生まれ。後藤松陰,森田節斎らにまなぶ。明治4年岡山県学校督事となり,学校改革,洋学振興,女子教訓所の設立につとめる。国会開設,自由民権運動を指導し,23年衆議院議員(当選2回)。晩年は閑谷黌(しずたにこう)で教育に専念した。明治37年3月28日死去。62歳。備前(岡山県)出身。旧姓は霜山。字(あざな)は伯毅。号は薇山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西毅一の関連キーワード黒住 宗子忍峡稜威兄谷川 達海明治時代加藤次郎黒住宗子政治家天保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android