コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西湖佳話 せいこかわXi-hu jia-hua

2件 の用語解説(西湖佳話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西湖佳話
せいこかわ
Xi-hu jia-hua

中国,清初の短編小説集。墨浪子 (ぼくろうし) の著。康煕年間 (1662~1722) 成立。中国第一の景勝地,浙江省の西湖をめぐる伝説,物語 16編を収める。この地方の長官として,山水の秀麗をめでつつ治水に努めた唐の白居易や北宋の蘇軾の物語,湖畔に庵を結んだ仙人葛洪 (かっこう) の物語など,土地を中心に編集された点に特色があり,風土性豊かな文学となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西湖佳話
せいこかわ

中国、清(しん)初の短編小説集。16巻。全書名は『西湖佳話古今遺蹟(いせき)』。編者は古呉(こご)(杭州(こうしゅう))の墨浪子(ぼくろうし)とあるが、未詳。西湖の名勝・古跡にまつわる葛洪(かっこう)、白居易(はくきょい)、蘇軾(そしょく)、駱賓王(らくひんおう)、林逋(りんぽ)、蘇小小(そしょうしょう)、岳飛(がくひ)、于謙(うけん)、遠公(えんこう)、済顛(さいてん)、文世高(ぶんせいこう)、銭鏐(せんぼく)、円沢(えんたく)、馮小青(ふうしょうせい)、白娘子(はくじょうし)、蓮池(れんち)の物語を史伝や雑記に基づき潤色したものであるが、白娘子の「白蛇伝(はくじゃでん)」など民間説話によったものもある。素朴な口語表現ながら説教臭がなく、古雅な味わいがある。類書に明(みん)末の周楫(しゅうしょう)『西湖二集』、清中期の陳樹基(ちんじゅき)『西湖拾遺』がある。[尾上兼英]
『飯塚朗・内田道夫・駒田信二訳『中国古典文学大系39 西湖佳話(抄)他』(1969・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone