コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

于謙 うけん Yu Qian; Yü Ch`ien

3件 の用語解説(于謙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

于謙
うけん
Yu Qian; Yü Ch`ien

[生]洪武31(1398)
[没]天順1(1457)
中国,明代の政治家。銭塘 (浙江省杭州) の人。字は廷益。諡は粛愍 (しゅくびん) ,のち忠粛。永楽 19 (1421) 年の進士。正統 13 (48) 年兵部左侍郎となり,次いで兵部尚書。同 14年オイラート (瓦剌) 部長エセン (也先) が侵入し,土木の変で英宗 (→正統帝 ) が捕えられると,彼は帝の弟景帝を立て,南遷論者を押えて軍備を固め,北京を死守してエセンの大軍を敗退させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うけん【于謙 Yú Qiān】

1398‐1457
中国,明代の政治家。銭塘(浙江省)の人。字は廷益。永楽19年(1421)の進士。宣宗のとき,御史に任官,19年間兵部右侍郎に在任し,1448年(正統13)兵部左侍郎となった。49年土木の変にて英宗がオイラートのエセンの捕虜となると,彼は南遷論など動揺する朝廷内をおさえ,英宗の弟郕王(景帝)を立て北京を死守した。翌年和議がなり,英宗は帰国した。于謙は景帝の絶対的な信任をバックに京営制度の改革を断行し,団営の制度をたてた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

于謙
うけん
(1398―1457)

中国、明(みん)朝の有能かつ剛直な官僚。明朝が15世紀中葉に迎えた全般的な存亡の危機の克服に貢献した。当時、北方からはモンゴルの部族オイラート部が侵攻し、西南の麓川(ろくせん)ではタイ族、湖広(湖南、湖北)ではミャオ族、浙江(せっこう)では葉宗留(ようそうりゅう)、福建では茂七(とうもしち)、広東(カントン)では黄蕭養(こうしょうよう)がそれぞれ大規模な反乱を起こした。また宮廷では幼時から正統帝(英宗)を意のままに動かしてきた宦官(かんがん)王振の専横が激しくなり、1449年、正統帝が土木堡(どぼくほ)でオイラート部の首長エセンの俘虜(ふりょ)となるという大事件(土木の変)を引き起こし、王振自身も戦死した。河南、山西方面の巡撫(じゅんぶ)として治績をあげたのち、当時兵部侍郎(国防省次官)の職にあった于謙は、宮廷の期待を集めて兵部尚書(長官)となり、終始和議を排して抗戦論を唱え、鉄壁の国都防衛体制を敷いた。このため、エセンは武力攻撃を中止し、正統帝を釈放するのやむなきに至った。于謙は事が思うように運ばないおりには「この身体にたぎる血をどこに注ごうぞ」と嘆くほどの情熱家であったが、その非妥協的で強力な指導性は、しだいに、かつて彼の部下であった石亨(せきこう)ら数名の文武官の嫌うところとなり、1457年正月の英宗復位(天順帝)のクーデター直後、彼らの策謀によって処刑された。[森 正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

于謙の関連キーワード朱元璋雨天順延洪武洪武銭没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.洪武通宝孝陵(洪武帝)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone